保育方針・目標

理念

QDSCF2120社会福祉法人船幸会が運営する船沢こども園は、豊富な自然の恵みの下で四季感を感じつつ、家庭や地域の様々な地域資源との緊密な連携を図り、子どもの状況や、発達過程を踏まえ養護・教育の両義性を一体的に展開しながら、乳幼児が心地よく生き生きと生活できる施設運営に努める。

また、保護者へ対しての子育て支援を含めた保育に関する専門的知識、技術の向上に努める。

目標

Q2IMG_8072・健やかでのびのびとした元気な子ども

・素直で優しい思いやりのある子ども

・創造力豊かで、いろんなことに挑戦する子ども

・たくましく生きる力を身につける子ども

方針

funazawa-013

 

・大自然の中でのびのびとした活動の中でみずみずしい感性を育み、様々な動植物に触れ、命の尊さを知る。

・家庭的な雰囲気の中での保育ややりとりを通して、健全な心身の発達を図る。

・子ども一人ひとりの状態を把握し、それぞれの心情を尊重して様々な活動を展開する。

・遊びや異年齢児との活動を通して、社会生活のきまりを学んだり、助け合う心を養う。

・積極的にいろんな活動に参加し、自分なりの目標を持ち、最後まで諦めない強い心を育てる。

こども園を検討中の方、こども園の見学等、お気軽にお問い合せ下さい。

▲このページの上部へ